残念賞や参加賞にあたる景品

忘年会の景品で盛り上がるものといえば、テーマパークペアチケットや高級食材などの高額景品ですが、もう一つ盛り上がる景品と言えば、残念賞や参加賞といった1つ数百円しかしない景品の準備も必要不可欠と言えるでしょう。
残念賞や参加賞で多いのが、駄菓子などのお菓子をビッグサイズにしたものや袋詰めにした景品が多いです。
タオルハンカチまた、こういった少額景品は笑いを取れる景品としても使われることも多いです。
例えば1万円札にデザインされたメモ帳や金の延べ棒の箱に詰めたラーメンなどこうした少額景品も忘年会というあまり堅苦しくないイベントには今や欠かせない景品となっています。
もちろんこういったお菓子や笑いを取れる景品以外にもゼリーの詰め合わせやタオルハンカチ、スプーンセットなど日常的に使える景品もありますので、少額景品も意外と侮ることはできません。

忘年会の景品を準備する為に押さえておくポイントとしては、やはり一人でも多くの参加者に景品が行き届くことです。
高額景品ばかりだけ取り揃えてしまうと、参加者の中でも数人にしか当たらないですし、やはりそれだと時間的にも早く終了してしまい、忘年会が盛り上がりません。
重要なことはこういった少額景品も多数揃えておき、高額景品との兼ね合いを見て、バランス良く景品を取り揃えることです。
このように考えてしまうと非常に難しく感じるかもしれませんが、そういった場合は予算に見合った景品セットも販売されていますので、そちらを購入した方が良いかもしれませんので、そちらも是非検討してみて下さい。

1万円以下の景品

忘年会では年忘れという意味も含まれていることから、お酒も入りその場も非常に盛り上がるものです。そんな盛り上がるイベントとしてビンゴ大会などのイベントがありますが、そのイベントで当たる景品は更にその忘年会を盛り上げる為の必須事項と言っても良いでしょう。そんな忘年会の景品も使えるお金は限られていると思いますが、1万円以下の景品でかつ見栄えも良く、盛り上がる景品を今回はご紹介させていただきます。

ブランド和牛
出典元 {忘年会・二次会景品…マイルーム}

忘年会の景品で人気が高く多いのが、食べ物です。
1万円以下となると質より量を選択するか、逆に量より質を重視するかのどちらかに限られます。
質より量で考えるのであれば、うどんやラーメンなどの麺類の食べ物が何食かセットになっている景品が人気です。

逆に量より質で考えるのであれば、やはりブランド肉や黒毛和牛などが何百グラムか入っている景品が人気です。
この景品は当日に直接渡すことができませんので、購入するところによってはパネルや目録が付いてきますので、その方が見栄えも良く盛り上がります
その他にも量より質で言うならばかにやお米が人気の景品です。1万円以上になるとそういった高額食材1年間分など量も兼ね備えることができますので、その忘年会の規模や予算によってその部分は使い分けると良いでしょう。
 


Relatedpost↓
残念賞や参加賞にあたる景品
高級景品

高級景品

忘年会の楽しみといったら忘年会で当たる景品です。今回は多くの人が当てたいと思っている忘年会での高額景品についてです。この高額景品の位置付けとして1万円以上の高額景品に絞ってご紹介させていただきます。1万円以上と言っても景品の種類はさまざまで、人気がある景品をみなさんご存知でしょうか。

コーヒー1万円以上となりますと全てのジャンルから選ぶことができますので、準備する側は意外と景品選択に困ってしまうものなのですが、1番人気がある景品の1つとして挙げるならば、まずは食べ物です。
今はこの食べ物の中でも一年間継続的に届けられるお米や黒毛和牛などの景品が人気です。
もちろんブランド肉などの高級食材も嬉しいですが、日頃から食べるお米などが一年間届けられるとなると食費代が減りますし、非常に喜ばれています。

次にご紹介する人気景品は家電製品です。(関連リンク…景品向け生活家電
その家電製品の中でも人気が高いのが、高性能でパワフルな最新型掃除機と自動お掃除ロボットです。
基本的に掃除機は一家に1台あるものですが、最新となると今ある掃除機と交換もできますので非常に嬉しいです。
また液晶テレビなども人気が高い景品ではありますが、掃除機と比べてテレビはサイズなどもありますので、なかなか今のテレビと変えるのは難しかったりするものですと、人によっては処分に困ってしまい、かえって迷惑な景品になるかもしれませんので、控えた方が良いかもしれません。
最近ではコーヒーバリスタなども人気なようです。
本格的なコーヒーが楽しめるので、当たったらうれしい景品の一つでしょう。
 


Relatedpost↓
残念賞や参加賞にあたる景品
1万円以下の景品